アトピーは、子供に遺伝することがあります。 しかし、絶対に遺伝すると言ったわけではありません。 子供に遺伝する確率だからって、両親ともにアレルギーがある場合は約50パーセント、一方がアレルギーがある場合は約30%です。 ちなみに、両親のどちらもアレルギーがない場合でも、子供がアトピーになる確率が約10%あります。 両親がアレルギーを持っている時には、子供がアトピーになる可能性が高くなってしまいます。 アトピーは、アレルギーが元になる病気の1つです。 その他にも、アレルギーが要因で、花粉症や小児喘息になることもあります。 アトピーになる原因は、遺伝だけではありません。 アトピーの原因は、遺伝よりも、後天性的な要素の方が大きいんです。 その原因には、食べ物やハウスダストなどがあります。 もし、遺伝で子供がアトピーになってしまったら、まずは、小児科、または皮膚科で診察を受けてください。 そして、アトピーの症状があまり出ないように、薬を服用したり、食事療法(食事の時間を決めて、規則正しくとることも大切です)を行うようにしましょうー